アモキシシリンを主成分とするノバモックスとは?

ノバモックスは「アモキシシリン」という抗生物質でグラム陽性菌や一部のグラム陰性菌に効果があり、胃潰瘍にあるピロリ菌の除菌に有効です。
腸からの吸収性が非常に良く、経口摂取薬としてよく利用されています。
アモキシシリンは微生物が持つ細胞壁の合成を阻止することによって、細菌が増殖することを抑制することはもちろん殺菌的にも作用します。
アモキシシリンは呼吸器や耳鼻科などの病気を治療するのに使われていて、風邪の治療などにも処方することが可能です。
風邪はウイルスが原因で抗生物質は効かないのではと思われますが、風邪そのものというより細菌の二次的な感染を予防するため利用されています。

この医薬品はペニシリン系抗生物質で、以前ペニシリン系の抗生物質でアレルギーを起こしたことがある人は利用することはできません。
いくつか副作用があり下痢などの症状が出ることがあります。
抗生物質のせいで腸内細菌のバランスが崩れてしまうことがありますが、これは一時的なものなのでそれほど心配ないでしょう。

ノバモックスは成人の場合1日3~4回に分け1回服用します。
年齢や症状などによって適宜増減することができますが、医師の指示に従って正しく服用することをおすすめします。
薬を飲み忘れた場合気が付いた時に飲んでも良いですが、一度に2回分飲むのはやめておきましょう。
他のペニシリン系抗生物質より副作用が比較的軽いですが、きちんと服用しないといくつか副作用の発症を強めてしまうことがあるので注意が必要です。

ノバモックスの主な副作用には発疹やかゆみ、発熱や下痢、軟便や吐き気などがあげられます。
人によっては嘔吐や食欲不振、腹痛や味覚異常などが現れるので症状が酷い場合は医師に相談しましょう。
特に重篤な副作用にはのどなどの不快感や呼吸困難、じん麻疹などがあげられますが、これが現れた場合ショックやアナフィラキシーなどになる可能性があるので注意が必要です。
発熱や頭痛、紅斑や水疱、膿疱なども報告されています。

ノバモックスは細菌の増殖を抑える抗生物質

ノバモックスはサワシリンのジェネリック医薬品で、細菌増殖を抑えることができる抗生物質です。
細菌が増殖する部位を問わずに効果を発揮することができ、内臓疾患や耳鼻咽喉系などの病気にもノバモックスを利用することができ除菌できる範囲は制限がありません。

ノバモックスの服用方法として成人は1日4回まで1回1錠です。
ペニシリン系抗生物質なので安全・安心して服用することができますが、過去にアレルギー症状を起こしたことのある人は気をつけて投与することになります。

もし飲み忘れが発生したらできるだけ早くノバモックスを服用することが必要です。
飲み忘れに気が付いて長い時間がたっているような場合、次回服用は1回分になります。
焦ってしまって1度に2カプセルを服用してしまうと、医師の指示を早急に仰ぐことが大事です。
決められた用法や用量で服用しなかったために、いくつか突発的な副作用が現れる可能性があります。
医師の指示に従って服用することにより除菌効果を広範囲に作用することが可能です。

ノバモックス(サワシリンのジェネリック医薬品)はアモキシシリンが主成分のペニシリン系抗生物質なので、菌が増殖しようとする時細胞壁の合成などを阻害することができ、滅菌はもちろん殺菌作用も働かせることができます。
適応する感染症の範囲が広範囲にわたっていて、呼吸器や皮膚、耳や鼻、尿路などのさまざまな部位に及んでいます。
他の薬剤と組み合わせることによって胃潰瘍や十二指腸潰瘍などに関係しているピロリ菌やヘリコバクターにも効果を発揮することが可能です。
ノバモックスは利用しやすい医薬品なので、幅広い世代の人が利用してさまざまな症状に効果を発揮しています。