カンジダを治す薬ならエンペシド膣錠

「膣カンジダ」とは、女性の5人に1人が診断されたことがあるという統計がある程、誰もがかかる可能性のあるものです。
疾患名の通り、女性の性器部分(特に膣)に症状が現れます。
罹患原因は自発的発症及び感染の両方に可能性があります。

罹患原因の一つの自発的発症というのは、カンジダというものが真菌なので少なからず誰しも体内に持っています。
それが、何らかの原因で異常増殖してしまうことで症状が現れるのです。
もう一方の感染というのは、真菌性疾患なので例えば性交渉は勿論、同じタオルを使うといったこと等他人との接触によって感染します。

自発的発症の主な原因は、免疫力の低下です。
疲れやストレス、体調によって免疫力が下がったときに真菌が異常増加してしまうことによって罹患してしまいます。

罹患者の多くは女性ですが、男性にも感染することがあります。
ただ女性よりも稀で、糖尿病であるとか包茎であるといった特定条件がなければ多くの場合で感染しないか軽い症状で終わります。

女性の「膣カンジダ」の場合の症状は、まず性器の特に膣にかゆみが出ます。
酷いかゆみにより、日常生活に支障が出ることもあります。
その他、おりものがヨーグルト状またはカッテージチーズのようなものになる、膣部分を見ると白いおりもののような粘着性のある液体が覆われていたり、白いカスが大量についているというというのが特徴です。

男性の場合には、殆ど症状が現れることはありませんが、稀に亀頭部分が白くなったりかゆみが出ることもあります。
軽い尿道炎になる方もいますが、気づかないうちに治っている場合がほとんどです。

性器カンジダ症は、医師による診断の上で治療及び処方薬により完治します。
ただ、体内に常在している真菌なので免疫力が下がる、ストレスや疲れ等何らかの原因で再発する恐れもあります。
その際は、市販薬で約90パーセント治ると言われています。
市販薬を利用する場合としては、一度罹患したという診断が過去にくだされた方とされているので、初めて症状があった場合には病院にかかる必要があります。

カンジダは一般的な成人女性のおよそ15%が感染

「膣カンジダ」は、特に珍しいものでなく誰でも罹患する可能性があり治療すれば完治するものなので、症状が現れた際には医師による診断を受け、薬で完治を目指します。
薬は主に膣錠剤かクリームなどの塗り薬が採用されます。

膣カンジダの薬で多く使われるのが水虫の治療薬として有名なクロトリマゾールやカーネステンです。
どちらも別名エンペシドと言われ、市販品ではエンペシドとして発売されるものもあります。
発症の原因は、免疫力が低下したときやストレス、疲れ等日常生活の些細なことなので再発する場合もありますので、再発が頻繁な場合には、クロトリマゾールとカーネステンをセットで常備しておくと強いです。

まず、クロトリマゾールはアゾール系真菌感染治療薬でクリーム状の塗り薬で陰部に塗るものです。
水虫などにも利用されます。
効果の即効性が高く副作用も少ないです。

そしてカーネステンは、膣錠剤とクリーム状の塗り薬があります。
カーネステンを利用して大体3日間から1週間程で症状は治まります。
悪化してしまっている罹患者の方は、2週間から3週間かかることもあります。

カーネステンは、クリーム状の塗り薬でも膣錠剤でも効果は真菌の増殖の阻害と死滅、抑制と殺菌です。
使用法は、膣錠剤は1回1錠または2錠を膣に插入します。
クリーム状の塗り薬であれば、性器を清潔にし1日2回から3回塗ります。
共に副作用は少ないです。

カンジダ症は市販薬でも治療が可能ですが、再発でない場合や症状が重い場合には必ず医師の診断を受ける事が必要です。
カンジダ症と似た症状の性病である場合も多く、間違った判断で状況を悪化させないようにすることが重要です。
また、日常生活において免疫力を高める事や性交渉の際にコンドームをつけるなどして感染の予防をします。