コンジローマになったらイミキアドクリームで治す

性器や肛門の辺り・時には口腔内にもまるでニワトリのトサカのようなイボが出来たら、尖圭コンジローマかもしれません。
性病の一つで、通常のセックスはもちろんアナルセックスやオーラルセックスによっても感染します。
性行為したことがないという方でも、皮膚や粘膜の傷口から感染する場合もあります。

原因となるのはヒトパピローマウイルスです。
悪性型だと子宮頸がんの原因となり、尖圭コンジローマであれば良性型ではあるものの、放置しておくとウイルスがどんどん増殖していくのでイボは徐々に大きくなり、数も増えていく一方です。
早めに病院に行き、治療薬を使用することをおすすめします。
男性女性どちらも感染する病気です。

コンジローマの治療法としては症状やイボのある場所にもよるものの、ベセルナクリームというクリーム状の治療薬を塗る方法か手術によりイボを取り除く方法が使われます。
コンジローマは一度治っても再発しやすいという特徴を持ちますが、薬を塗る方法の方が免疫力が高まり、頻繁な再発を防止することができるのでおすすめです。

ベセルナクリーの主成分はイミキモドです。
イミキモドには症状を改善する効果があるのです。
ただし、原因となるヒトパピローマウイルスを死滅させるだけの効果はないので再発することがあるのです。
何度もお世話になるかもしれないベセルナクリーム、もう少し安く手に入れたいというのであればおすすめはジェネリック医薬品であるイミキアドクリームです。

常備薬として持っておいてもよいでしょう。
たとえ症状は出ていなくとも性病ですから性行為によってパートナーにも感染しているかもしれません。
男性女性ともに使用することができる薬ですから、一緒に使ってコンジローマを治してください。

免疫力が低下している時にこそウイルスはまた増殖を始めます。
食事の内容や生活習慣を見直して、免疫力の高いウイルスに打ち勝つ力を取り戻すことも大切です。
性行為によって感染しても元気なら症状が出てくることはありません。

イミキアドクリームの使用方法と副作用

イミキアドクリームはベセルナクリームのジェネリックです。
有効成分は同じくイミキモドです。
コンジローマの症状は出てきていても、性器や肛門を病院で診せるのは抵抗があるという方はこちらを試してみてもよいでしょう。
病院で処方される医薬品であるベセルナクリームと違って、イミキアドクリームは通販サイトで手に入れることができます。
海外で販売されている商品を、個人輸入代行業者を通じて購入するのです。
処方箋は必要ありません。

有効成分が同じである以上は効果効能も同じです。
ジェネリックのため安く手に入ります。
使い方も同じです。
安さだけを基準に選んでいると偽物が送られてくる危険性もありますが、信頼できる代行業者から購入し、用法用量を守って正しく使用すれば、ヒトパピローマウイルスを死滅させることはできます。

ベセルナクリームは、イミキアドクリームも1日1回、週3回塗布しましょう。
1日おきで塗ることになります。
毎日塗っても効果がアップするわけではなく副作用が強くなる可能性が高まるだけなので辞めておきましょう。
できるだけ周りの皮膚には薬剤が付着しないように、イボにのみ薄く塗ります。
刺激のある薬なので手に付着した分は石鹸でしっかり洗い流してください。
6時間から10時間経過した後はイボに塗っておいたクリームも洗い流すようにします。

この作業をせずにずっと塗ったままだと炎症などの副作用が出やすくなるので注意しましょう。
痛みやかゆみ・肌荒れなど副作用が出やすい薬です。
必ず16週以内の使用に留めてください。
それ以上たってもイボが改善されないというのであれば外科手術でイボを摘出するしかないかもしれません。
何かあれば専門医に相談してみてください。