レボフロキサシン配合レボクインが淋病に効果あり

淋菌に感染することによって発症する「淋病」は、性病の1つです。
自然治癒することはなく放置すると、どんどん淋菌の感染が広がってしまい症状も重篤化します。
ですので、淋病を発症した場合は、しかるべき治療を行うことが大切です。

淋病は抗生物質で治療を行うケースが一般的です。
レボフロキサシンという有効成分を配合した薬やセフィキシム配合のジプラックスによる治療が淋病治療ではポピュラーに行われています。
レボフロキサシンを配合した薬には色々な種類がありますが、その中でもクラビットのジェネリック医薬品となるレボクインも、淋病に対して効き目が高い薬です。

クラビットは先発医薬品となる薬で、その後に誕生したのがジェネリック医薬品のレボクインです。
使用している添加物などには違いはあるものの、クラビットもレボクインも同じレボフロキサシンを有効成分としています。

レボフロキサシンは細菌のDNAの複製をブロックすることで、殺菌作用を発揮し淋菌を死滅させる効果があります。
従来の抗菌薬と比べるとレボフロキサシンを有効成分としている薬は、抗菌力に優れているのが特徴です。
そして細菌の病巣へ到達する速度が速く、即効性が期待できることから今まで治りにくいと言われていた感染症に対しても、大きな効果を発揮します。

淋病は男性が発症した場合には排尿痛や、尿道から分泌物が出るといった症状が現れます。
しかも、痛みは強く何度も排尿を繰り返すうちに、尿道口が赤く腫れて数時間程度で、焼けるような激しい痛みへと変わるようです。

女性の場合、男性よりも症状は軽いと言われているものの、おりものの量が増えたり臭いが強くなる、下腹部痛などの症状が起こります。
特に男性に強い症状が出る淋病、もし発症してしまった場合は、早めにレボフロキサシン配合のレボクインで治療を行うようにしましょう。
パートナーも淋菌に感染している恐れが高いので、パートナーと同時にレボクインで治療を始めるのをおすすめします。

レボクインの使用方法と副作用

淋菌という性病を発症してしまった場合は、レボクインという抗生物質で治療を行うのも良いでしょう。
レボクインは赤いレンガ色をしている錠剤で、レボフロキサシンを主成分としています。
レボフロキサシンを500mg配合してあるタイプのレボクインであれば、1日1錠を1回服用するのみです。
服用する際は有効成分の吸収率を下げないために、水かぬるま湯で飲むようにしましょう。

レボフロキサシンは他の抗生物質と比べると、比較的副作用は起こり難いようです。
しかし、薬には変わりはないのでやはりレボクインにも、副作用が存在しています。
服用する際は事前に、どのような副作用が起こりやすいのかをチェックしておくと良いでしょう。

副作用としては胃痛や下痢、嘔吐など消化器系に症状が現れやすいようです。
稀に頭痛やめまい、関節痛といった症状が起こります。
もし、このような症状を感じる場合は、速やかに医師や薬剤師に相談することが大切です。

もし副作用が起こるとしても、このような軽度な症状が多いレボクインですが、本当に稀に重篤な副作用を起こすケースが報告されています。
アナフィラキシーや重い皮膚・粘膜障害、けいれん、低血糖や幻覚などの症状です。
このような症状はめったに起こらないと言われてはいますが、念のために注意しておく必要があります。

この他に光線過敏症を起こす可能性がレボクインで指摘されています。
紫外線に弱い人や皮膚が弱い人は、もしレボクインで淋病の治療を行う場合、できるだけ直射日光に当たらないようにして、肌を守るようにしましょう。
このような副作用にも気を付けなければいけないレボクインですが、正しい方法で服用すれば、ほぼ副作用の心配はありません。