梅毒を治療するならアンピシリン配合薬

アンピシリンはさまざまな細菌感染症の治療に利用されていて、梅毒やおでき、とびひや敗血症、感染性心内膜炎や表在性皮膚感染症などがあげられます。
やけどの二次感染や重症のやけどによる二次感染の予防にも利用することができ、幅広い分野において利用されている医薬品です。
アンピシリンはさまざまなウイルスや細菌に効果のある抗生物質で、βラクタム系抗菌薬に区分されるペニシリン系の抗菌薬です。
βラクタム系抗菌薬にはセフェム系やカルバペネム系・モノバクタム系などがあげられます。

アンピシリンはペニシリン系抗生物質として有名で、ペニシリンGにアミノ基をプラスするものでこのようなアミノ基によってグラム陰性菌の外膜などを透過することが可能です。
アンピシリンはグラム陽性菌やグラム陰性菌に効力を発揮しますが、耐性の大きい緑膿菌などは効果があまり出ないと言われています。
アンピシリンは細菌の細胞壁を作る際、重要なペプチド転移酵素を阻害し、細胞壁合成の各部位を阻害してから最終的に溶菌することが可能です。

これまでペニシリンでは効果がなかった細菌があったのですが、ペニシリンを新しく開発したり合成したことによってペニシリンより多くの細菌にいろいろな効果があります。
基本的に中耳炎や副鼻腔炎などのさまざまな耳鼻咽喉系などの感染症や、尿路感染症などの泌尿器系、淋菌感染症(淋病)や梅毒といった主な感染症や性病などに大きな効果を発揮する医薬品です。
新しく開発された有効成分は細菌の細胞質膜の透過性などに優れていて、さまざまな細菌などをアタックすることができることから、グラム陰性桿菌や大腸菌、インフルエンザ菌やサルモネラ菌、赤痢菌なども殺傷する能力を持っています。
アンピシリンが殺菌できる細菌はブドウ球菌やレンサ菌、肺炎球菌や赤痢菌などがあげられますが、基本的に人のほとんどの部位に出来る感染症について効力を発揮することができ幅広い世代に利用することが可能です。

ジャーシリンの使用方法と副作用

ジャーシリンはペニシリン系抗生物質のビクシリンのジェネリック医薬品です。
ドイツの製薬会社が開発・販売していて、細菌の細胞壁を破壊し殺菌する作用があります。
さまざまな細菌に対し有効的で、肺炎や気管支炎などの呼吸器系の病気や梅毒などの性病に効果があります。
ジャーシリンは扁桃炎や咽頭炎、猩紅熱や気管支炎などの呼吸器系の感染症や、外耳炎や中耳炎・副鼻腔炎などの耳・鼻系の感染症を治療することが可能です。

特に梅毒に効果を発揮することで有名で、ジャーシリンやビクシリンの有効成分「アンシピリン」はペニシリン系において代表的な抗生物質になります。
梅毒で汚染された部位をきれいに改善することができるので便利です。
ジャーシリンの使用方法は成人の場合1回1~2カプセルを1日4~6回服用しますが、原則食後の服用が決められていて疾患や年齢などによって用量が変わります。
医師の指示に従って服用すると良いでしょう。

飲み忘れたらできるだけ早く飲むようにし、次の薬を飲む時間まで4時間以下なら1回飛ばします。
2回分を1度に服用しないことが大切で、安全な抗生物質ですがアレルギー症状を引き起こすことがあり多くの場合は下痢になります。
下痢は抗菌作用により腸内細菌が乱れるために起こりますが、酷い下痢や血便などが見られる場合医師の診察を受けましょう。
副作用として発疹やじん麻疹などがあり、長期服用するとビタミンK欠乏症になる人もいるそうです。
ジャーシリンはジェネリック医薬品でペニシリン系の抗生物質になり、アンピシリン成分が含まれていますが、大腸菌やインフルエンザ菌などにも効果があり副作用が少ないと言われています。
比較的安価で購入することができるので、コストを抑えることができるでしょう。